ダイエットとリバウンドの仕組み

ダイエットを行った方で、本ページをご覧になっている方は、リバウンドした人に違いありませんね?笑

 

リバウンドされた方には原因があります。

 

例えば、置き換え食品を用いてダイエットを行った方を例に挙げると。

 

ダイエット前は

1日800キロカロリー X 3食 = 総2400キロカロリー

とっていたとしましょう。

 

それを置き換え食品で1食100キロカロリーの食品に置き換えた場合、総カロリーが1700キロカロリーになり、700キロカロリー分少なくなるわけです。

 

つまり食べた分のエネルギーが使い尽くされるわけで、そうして痩せていくのです。

 

しかし、いつも当たり前のようにもわえていたエネルギーが貰えないとわかると、人間の体はわずかなエネルギーでなんとかやっていこうというサイクルが始まるわけですが、このサイクルになった体に、ダイエットで減らしていたカロリーを昔のように取得してしまうと、今度は余剰が出てきてしまって、それが全部脂肪へ変わっていくのです。

 

 

これがリバウンドの仕組みです。

リバウンドはもうしない!無理をしないダイエット!

ダイエットとリバウンドの仕組み

リバウンドしないために!

ではリバウンドをしないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

 

リバウンドするにはリバウンドの仕組みを見てわかる通り、一気にカロリーを取得することはNGとなります。

 

特に置き換えダイエットで痩せた方は、置き換えた食べ物をやめて普通の食べ物にしてしまったらリバウンドしやすくなってしまいます。〈カロリーが増えるので)

 

ずーーっと置き換えダイエット食品食べ続けないとだめじゃないかーー?!

 

と思った方、それは違います。

 

一気にやめるとだめでって、徐々に体に慣れさせていけばそれほどリバウンドはしなくなります。
例えば、1日置き換えたら、次の日は置き換えないとか。

 

 

そして一番大事なのは新陳代謝をよくする・脂肪を燃焼しやすい体にすることです。

 

では新陳代謝を良くする・脂肪を燃焼しやすい体にするにはどうすればよいか。それは筋肉を付けることです。

 

体は、筋肉がついていないと、脂肪が燃焼しにくいのです。
逆に、筋肉がついていると、脂肪が燃焼しやすく、太りにくく(痩せやすく)なるのです。

 

やっぱり運動か。。。
運動する時間がないんだよね。
運動する元気がないだよね。

 

そう思った方、気負わなくてもいいんです。

 

無理な運動ではなく、ウォーキングだったり筋トレだったり、できる範囲で動けば、筋肉はついてくるものです。

 

昨今では、通勤は車、だから歩かない、走るのが面倒くさい。といった運動不足のサラリーマンが増えており、そういう人こそ太っているのです。

 

少し歩く。少し筋トレする。

 

その少しが大事です。