ダイエットと妊娠・妊活

妊活・妊娠する前にダイエット

よく、妊娠中に今の体型を維持したいからといってダイエットをする人がいますが、私は無理なダイエットには反対です。
妊娠中のダイエットがきっかけで低体重児になると、免疫力が弱い、身体の機能が未熟、感染症にかかりやすいなどのリスクを抱えてしまうからです。一応言っておきますが、だからといって太ってもいいわけではありません。

 

そして、私がおススメしているのが、妊活前、妊娠する前にダイエットをすることです。
私の知り合いで、ちょっと太っている女性がいました。
妊娠する前からダイエットの「ダ」文字も行わないような方で、健康診断でも、コレステロールが高かったり、血圧が高かったりしました。

 

そんな彼女が妊娠をしたと報告を受けました。

 

いつかの会社の厨房で、「私、最近5キロ痩せたんですよ。 あまり食べれなくて」と言ってきました。
すみません。もともと太っているので5キロ痩せたのどうかわかりませんでした。

 

その後、彼女は会社を休みました。
理由は妊娠中毒症。いわゆる妊娠高血圧症候群。
重症化した場合、妊婦さんの体には血圧の上昇や蛋白尿といった症状に加え、脳出血、子癇と呼ばれるけいれん症状、腎臓・肝臓の機能障害、最悪の場合、HELLP(ヘルプ)症候群と呼ばれる肝機能障害や溶血を伴う異常が起こるようです。
胎児にも影響はもちろんあります。
胎児発育不全、低出生体重児、常位胎盤早期剥、子宮内胎児死亡など
耳にしたくない病気ですよね。。。

 

もともと血圧が高かったわけですから、かかってもおかしくはないと思ってました。
5キロ妊娠中に痩せても、もう遅かったんですね。

 

だから私がおススメなのは、子供が欲しけりゃ、子供ができる前に痩せましょう!ということです。
皆さんも妊娠する前にダイエットで痩せなきゃダメってことです。
(あ、痩せている人はそれ以上痩せてしまうと、元気な赤ちゃんが産まれなくなるので気を付けてくださいね!)

 

妊娠する前にダイエット5キロ!