ダイエット5キロ※しすぎ・やりすぎは病気の元

【実証済み】正しいダイエットをしないと病気になる!

世間では「過剰なダイエットを行うことで病気になるため、無理せず行いましょう!」と言われていますが。実際管理人の私もダイエットを行ったことで2つの病気になったことがありますので、紹介させていただきます!

 

摂食障害・拒食症

ダイエットを続けていくと、どんどん痩せたい!痩せたい!という気持ちが強くなり、食べ物を食べないで痩せようとします。するとそのうち食べ物を食べたくない!と言った脳が間違った反応を出すようになるのです。
これが
摂食障害・拒食症
です。

 

私も摂食障害になったことがありますので、その辛さは知っています!
摂食障害になることで、体重がどんどん減っていき、体重計に乗るのが怖くなります。
他には、食べ物を見ると気持ちが悪くなったり、食べ物を口に入れても喉がを通らなくなったり、こんなことが続いていると、友人や知人とランチや夕飯を食べに行こうとしても、食べに行けません。そして友人・知人からランチの誘いが来なくなります。

 

もうダイエットなんてしたくない!

 

と思う頃には手遅れになっています。
手遅れになる前に、無理なダイエットは行わないようにしましょう!

 

尿管結石

あまりダイエットに関係がある!と聞いたことがないかもしれませんが、管理人の私が尿管結石になりました。
ダイエットをすることで、食事の量を減らしたり、運動をするようになるのに水分を多くとらなかったり。
そうしていくうちに、腎臓にできた結石が大きく育ち、尿管をスムーズに通れなくなり、尿管結石になります。

 

尿管結石の痛みはこの世の終わりかと思うぐらい痛いです。

 

私の体験談になってしまい申し訳ないのですが、家族で動物園に行った帰り、尿管結石に襲われ、トイレで1時間おう吐と腹痛に襲われました。知人の話では、痛みに耐えられず意識を失ったり、救急車で運ばれたという話を聞きました。

 

尿管結石は水分を多くとることで流れます。
ダイエット中は水分不足になりがちなので、いつもより倍の水分を摂るように心がけましょう!

 

 

1ヶ月ダイエットで5キロ減成功する方法